安いドローンスクールってどうなの?卒業生の声・おすすめスクール

電卓と紙幣

「安いから」という理由だけで、ドローンスクールを選ぼうとしていませんか。

もしそうなら、ちょっと待ってください。実は、安いという理由だけでドローンスクールを選ぶことはおすすめできません。安いスクールの中には、十分に知識やスキルが身につかないようなところもあるためです。

ドローンナビゲーター編集部では、実際に受講料が安いドローンスクールを卒業した方にインタビューを行いました。

この記事ではインタビューを通して見えてきたもの、安いドローンスクールとそうでないスクールの違いなど、安いドローンスクールについての情報をお伝えします。

また、安いドローンスクールを選ぶ際にチェックしておきたいポイント・安くてもおすすめのドローンスクールもご紹介しますので、ぜひ記事を読んで、自分に合ったドローンスクールを見つけてください。

ドローンスクール受講内容ごとの受講料の相場

ドローンとドル紙幣

まず前提として、ドローンスクールでは受講する内容によって必要な費用相場が大きく異なります。スクールで学ぶことができる内容はスクールそれぞれに異なりますが、ほとんどのスクールでは次に紹介するいずれかのコースを設定しています。

主なコース内容

自分の目的に合わせて、どのようなコースを受講したいのか・その場合の相場はどれくらいなのかをまず把握しておきましょう。

基本的な操作を学ぶ初級コースなら数千円〜1万円前後

おすすめな人:ドローンに初めて触れる人・ブランクのある人

「とにかくまずはドローンを動かせるようになりたい」という方には、初級コースに相当するコースがおすすめです。初級コースでは、ドローンに触ったことがないような全く初心者の人に合わせて、ゼロからドローンの操作について教えてくれます。

費用の相場は1時間前後の1コマに対し数千円から1万円前後くらいです。中には2日くらいかけて応用的な操作ができるレベルまで教えてくれるコースもありますが、その場合は2日で10万円くらいです。

このような初級コースではあくまで「ドローン操縦体験」レベルのことも多く、資格取得を目指す場合には次に紹介する資格取得コースを受講する必要があります。

資格取得を目指すコースは10〜30万円前後

おすすめな人:初めてドローンの資格取得を目指す人

ドローンスクールに通う人の大部分は、資格取得を目指すコースを受講しています。資格取得を目指すコースは、全日程と申請費用まで合わせて30万円前後というコースが多いようです。ただし、目指す資格や学ぶ内容によって金額は様々です。25万円くらいのスクールが多いですが、中には10万円以下で資格取得できるスクールもあります。

現状、日本ではドローンを操縦するために必要な免許などはありません。その代わり、ドローンの操縦技術や知識を一定以上持っていることを証明するものとして、民間資格が複数存在しています。

これらの資格は操縦に必須ではないものの、ドローンの知識や技術を対外的に証明するものとして多くの人が取得しています。また、特殊な飛行が必要になった際の申請手続きが簡略化されるといったメリットもあります。

なお、ドローンの資格は現在無数に存在しています。どの資格を取得するかの判断材料の一つとなるのが、国土交通省の認定資格であるかどうか、という点です。国土交通省から認定を受けている資格だけが上述の申請手続き簡略化のために認められていますし、信頼性の担保という意味でも価値のある資格と言えます。

専門業務のスキルを学ぶコースは10万円〜

おすすめな人:専門的な業務に関連するドローン操縦技術や知識を学びたい人

外壁点検や農薬散布など、ドローンを使った専門的な業務スキルを学ぶためのコースが設定されていることもあります。そのような専門的なコースの場合、費用相場は10万円くらいからです。

ただし、このような専門的なコースは基本的なドローン操作技術や知識を有していることが前提となっていることがほとんどです。そのため、全く初心者の状態からこれらのコースを学びたいと思った場合には、まずはフライト経験を積んだり、資格取得コースを受講したりといった前準備が必要となります。

ドローンスクールの費用がスクールによって大きく異なる理由

ドルと電気

前の項でコースの費用相場について紹介しましたが、実はコース費用はスクールによって大きく異なります。高いスクールと安いスクールでは、10万円以上の開きが出ることもあります。

では、単純にコース料金が安いところを選べば間違いないのでしょうか。実は、必ずしもそうとは言えないと言わざるを得ません。

次は、ドローンスクールの費用にばらつきがある理由について紹介します。

取得できる資格の違い

ドローンに関連する民間資格には多くの種類があります。そのうちどの資格を目指すコースなのかによって大きな差が出ることが多いです。

ドローンの資格は全て民間資格であり、管理団体によって受講費用が異なります。逆に言えば、同じ管理団体の資格であれば全国どのスクールに通っても費用は同じ、という資格もあります。

取得する資格を選ぶ際に心に留めておきたいのは、資格の信頼性についてです。例えば次のような資格は、国土交通省の定めるガイドラインに則ったものとして、同省からの認定を受けている信頼性の高い資格です。

ドローンの資格

一方、国土交通省の認定を受けていないドローン資格も無数に存在しています。これらは、様々な企業や団体が独自に認定しているもので、残念ながら社会的な価値や信頼性はそこまで高いとは言えません。

カリキュラムや講師、受講スタイルの違い

受講するコースのカリキュラムや学ぶスタイルによっても受講料に開きが生じることがあります。講師のプロフィールや、講師一人に対して受講生何人くらいで学ぶのかは要チェックです。

また、受講スタイルについても確認しておくことをおすすめします。

ドローンの資格取得には学科と実技を学ぶことになります。安いスクールでは、学科講習をオンライン授業やe-ラーニングを活用していたり、実技のうち基本的な操縦方法についてはシミュレーターを利用していたりすることがあります。

特にシミュレーターに関しては、実機同様に違和感なく受講できる人もいれば、操作に戸惑ってしまいスムーズに学びを深められない人もいるため注意が必要です。

「受講する前に戻れるなら、このスクールには通わないと思います」:実際に安いドローンスクールを卒業した人の声

札束を持つ男性

実際に受講料が安いドローンスクールを卒業した方にインタビューした際、このような声が聞かれました。

ZOOM画像

ドローンに関するインタビュー

Q. こちらのスクールでの講習はどのような内容でしたか。

——学科をした後に、フライトシミュレーターを使用した実技講習がありました。最後に少しだけ実機を使った講習があって終わり、という感じです。

フライトシミュレーターは一人でゲームしているような感覚でしたね。正直、要らなかったと思います。

この方の通ったスクールでは、フライトシュミレーターを使用した操作方法の習得の時間が長めに設定されていたと言うことですが、自分一人でゲームをしているような感覚だった、と言うことです。

実機での操作とは操作感も異なり、シミュレーター講習の必要性はあまり感じられなかったということ。実機講習の時間をもっと長くとって欲しかった、という感覚を持ったということです。

Q,スクールで学ばれた内容は、実際どの程度役に立つものだったのでしょうか。

——卒業後役に立っているという感じもあまりないです。今、別のスクールに通おうかと思ってるんです。

卒業後はドローンを使用した業務に従事しているものの、安いスクールで受けた基本的な内容ではその後の業務において不十分であったと感じているということでした。

卒業したのとは別のスクールの、より専門的な技術を学べるコースの受講を検討しているということでした。

Q.もし今スクール受講前に戻れるとしたら、またこちらのスクールに通われると思いますか。

——正直、このスクールには通わないと思います。最初から今検討している方のスクールに行きます。

「もし受講前に戻れたらどうしますか」という質問に対しては、このスクールには通わず、より専門的あるいは高度な知識や技術を学べるスクールに通い直したい、と答えてくれました。

卒業したスクールでは講師からの声かけもあまりなく、せっかくスクールに通った意味を見出しきれない、ということです。実際にドローンの業務に直結するような内容を学べるスクールに最初から通えばよかった、とおっしゃっていました。

あくまでその方の個人的な感覚であり、また費用が安いスクールが全て同じであるとは言いませんが、中にはサポートが十分でないと感じられるようなスクールが存在しているというのも事実なのです。

安いドローンスクールを選ぶ時にチェックしておきたいポイント

相談する人

本当に役に立つスクールを選びたいと思った場合には、料金以外の部分もしっかりとチェックしておく必要があります。

中には質の高い内容を安価で提供してくれる良心的なスクールもありますが、残念ながらそうでないスクールも存在しています。ドローンスクールの料金設定には特に規定はなく、実施しているスクールがいくらでも自由に設定することができるからです。

ドローンスクールを選ぶ際には、次のようなポイントに注目してチェックすることをおすすめします。また、できればwebサイトの情報だけで決めるのではなく、実際に現地で受講中の様子を見学して空気を感じることもおすすめします。

取得できる資格

コース修了後にどの資格を取得することができるのかは、スクール選びにおいてとても大切な指標となります。取得できる資格によって、コース受講費用が大きく異なることがあるためです。

資格は国土交通省認定資格がおすすめ

現在ドローンの資格には公的な資格はなく、全て民間資格です。しかしその中で、国土交通省の作成したガイドラインに則ったものとして認定を受けている資格があります。

国土交通省の認定を受けている資格は特に信頼性が高いため、せっかく資格を取得するのであれば認定資格の中から選ぶことをおすすめします。

現在、日本に存在するドローンスクールのほとんどはいずれかの認定資格を受講できるものです。選んだ資格が国土交通省認定資格であるかが不安な場合は、国土交通省のサイトから認定団体の一覧を参照することができます。

国土交通省認定資格であれば飛行制限の解除申請を簡略化できる

国土交通省認定資格のメリットは高い信頼性だけではありません。認定資格を所持している場合、ドローンの飛行制限に関する解除申請手続きを簡略化することができます。

ドローンの飛行には夜間飛行や目視外飛行など、原則として禁止されている飛行方法があります。これを飛行制限と言いますが、これらの飛行を行うためには、国土交通省へ申請を出して認められる必要があります。

この際、国土交通省認定の資格を所有していれば、手続きを簡略化することができるのです。

申請を簡略化させることができる飛行制限の項目は資格によって異なる

飛行制限には、「夜間飛行」や「目視外飛行」など複数の項目がありますが、認定資格であれば全ての項目について簡略化できる、というわけではありません。

資格それぞれに簡略化できる項目が定められており、それ以外の項目については簡略化することはできません。

制限解除が必要な飛行内容が具体的に決まっているのであれば、その項目について利用することができる資格を選ぶ必要があります。

どの資格がどの項目に利用することができるのかについては国土交通省のサイトの「無人航空機の講習団体を管理する団体一覧」から確認することができます。

コース内容

コースで学ぶことのできる内容は自分のニーズに合致しているのか、という点もぜひ確認しておきたいポイントです。実際に通ってみてから、「学びたいことと違った」「必要性を感じられない内容が多かった」と思ってももう手遅れです。

例えば、学科講習はオンラインと対面のどちらが良いのか、シミュレーター講習の有無、実機を使用した実習の時間などは契約前に必ず確認するようにしましょう。可能であれば、スクールを実際に見学し、実習を行うフィールドを直接目で見て選ぶこともおすすめです。

講師のプロフィールと在籍人数、コース受講人数

実際に指導にあたる講師のプロフィールや背景、講師以外にどのような業務を請け負っているのかといった情報はスクール選びに大変役に立ちます。講師が持っている知識や経験こそが、そのスクールで学ぶことができる内容に直結しているからです。

また、講師の在籍人数やコースごとに担当する講師数と受講生人数のバランスもチェックしておきましょう。どんなに良い講師であっても、受講生の数が多すぎれば全ての受講生に十分なサポートを提供することはできないからです。

また、自分の学びたい内容やドローンを使って実現したいことも明確にしておきましょう。その上で、近い経験を有している講師がいるスクールを選ぶことができれば、より実践的で将来に役立つ学びを得ることができるでしょう。

ドローンスクール受講料を安くするために「人材開発支援助成金」が活用できるかも

相談する人

ドローンスクールの受講費用を安く抑えるための手段の一つとして、助成金を活用できるケースがあります。

ドローンスクール受講料に利用できる助成金として、「人材開発支援助成金」があります。これは厚生労働省が実施する助成金で、人材育成を目的とした活動に利用できるものです。

事業者向けの助成金なので個人で利用することはできませんが、従業員をドローンスクールに通わせるような場合には利用できる可能性があります。

雇用保険加入事業者で、従業員のスキルアップのためのドローンスクール受講であれば、最大で受講費用の45%と受講中の賃金の一部の助成を受けられる可能性があります。

2021年版!安くておすすめの資格とドローンスクール

ドローンスクール

最後に、信頼性の高い国土交通省認定資格を取得できるスクールの中で、比較的安価に取得できる資格と取得できるスクールを紹介します。また、JUIDAの資格は大体25万円前後の受講料が相場なのですが、他のスクールに比べて安価で取得できるスクールを探してみました。

スクールの中には全国展開しているようなものや合宿で参加できるものもあります。ぜひ自分の通いやすくかつ魅力的なスクールを見つけてください。

ドローンスクール一覧

無人航空機操縦技能(JUIDA認定資格)

この資格は一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定する資格で、多くの人が取得している実績ある資格です。「無人航空機操縦技能」は、取得している人が「無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者」であることを証明するものとしています。

飛行制限解除申請のうち、「物件投下」についての認証は含まれていないため注意が必要です。

資格取得のためのコース受講料は15〜25万円くらいが相場です。

エス・アイドローンスクール

エスアイ・ドローンスクール

エスアイ・ドローンスクールでは、JUIDAの認定資格である「無人航空機操縦技能証明」とその上位資格である「無人航空機安全運行管理者」の2つの資格を同時に取得可能なコースを実施しています。

しかも、連日1日半+オンラインコースでは、12万円でふたつの資格を取得可能です。ZOOMを用いて座学をオンラインで行うことが低料金のポイントということです。

ドローンキャンプ[北陸の空]

ドローンキャンプ[北陸の空]

福井県のキャンプ場で合宿をしながら講習を受けるスタイルのスクールです。取得できる資格はJUIDA認定証明書です。

宿泊費・食費込みの安い料金に加え、広いフィールドで飛行練習ができるのも嬉しいポイントです。

DRONEフライトオペレーター(DPCA認定資格)

DRONEフライトオペレーター

一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会(DPCA)では、DRONEフライトオペレーター講習と資格認定を行っています。基本的な知識と操縦を認定する「BASICコース」はコース料金5,5000円で受講可能です。

飛行の制限については、「物件投下」「目視外飛行」「夜間飛行」は含まれていません。

※ 日中目視外飛行と夜間飛行についてはADVANCEDコース(9,9000円)を受講することで認証を受けることができます。BASICコース修了後は差額(4,4000円)で追加受講可能です。

学科講習はeラーニングを使用して行われるため、自分のスケジュールに合わせてフレキシブルに受講できるのも嬉しいポイントです。

DJI CAMPスペシャリスト(UTC)

DJI CAMPスペシャリスト

DJI CAMPスペシャリストは、ドローンメーカーとしてトップシェアを持つDJIが作った資格で、同社が設立したUTCという認定団体が認定しています。この資格はドローン販売店など様々な団体が講習を実施しています。

飛行の制限解除については全ての項目で認定を受けています。

株式会社セキドはDJIドローンの販売店として豊富な実績と信頼性を持った企業です。また、DJIの認定するDJI CAMPスペシャリストの養成コースも実施しています。

2日間のカリキュラムで信頼性の高いDJI CAMPスペシャリストを目指せるコースですが、フライト経験10時間以上が参加条件となっている点に注意が必要です。

ドローン操縦士(ドローン検定協会)

ドローン教習所

ドローン教習所は「ドローン操縦士」を養成する目的で、ドローン検定協会が全国に展開するスクールです。

座学5時限、シミュレーター教習9時限、実機訓練1時限を受講し、修了試験に合格することで「ドローン操縦士」の資格を取得することができます。

飛行の制限解除については全ての項目で認定を受けています。

まとめ

豚の貯金箱

現在全国各地にドローンスクールが存在しており、その料金は実にさまざまです。スクールを選ぶにあたり、安いドローンスクールを選びたくなることでしょう。しかし、ドローンの技術や知識を学ぶドローンスクールにおいては、費用だけでスクールを選ぶことはおすすめできません。

今回の記事では、安いドローンスクール選びの際に押さえておきたいポイントや安い理由などについて紹介しました。最後にもう一度今回の記事の内容をまとめます。

◎受講内容ごとの受講料の相場

(1)基本的な操作を学ぶ初級コースなら数千円〜1万円前後

(2)資格取得を目指すコースは20万円前後

(3)専門業務のスキルを学ぶコースは10万円〜

◎ドローンスクールの費用がスクールによって大きく異なる理由

(1)取得できる資格の違い

(2)カリキュラムや講師、受講スタイルの違い

◎実際に安いドローンスクールを卒業した人の声

◎安いドローンスクールを選ぶ時にチェックしておきたいポイント

(1)取得できる資格

(2)コース内容

(3)講師のプロフィールと在籍人数、コース受講人数

◎ドローンスクール受講料を安くするために「人材開発支援助成金」が活用できるかも

◎2021年版!安くておすすめの資格とドローンスクール

(1)無人航空機操縦技能

エス・アイドローンスクール

ドローンキャンプ[北陸の空]

(2)DRONEフライトオペレーター BASICコース

(3)DJI CAMP

(4)ドローン操縦士

このように、ドローンスクールを選ぶ際には押さえておきたいポイントがいくつかあります。これらのポイントをしっかりとチェックした上で、自分の目的や目標を達成できる、魅力的なドローンスクールを見つけてください。