ドローン教習所とは?ドローン資格団体の団体概要・資格の特徴など

2021年12月現在、国土交通省が認定する、ドローン関連の資格の管理団体は75団体あります。

「管理団体って何が違うの?」
「結局のところどの管理団体が良いの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか。

数あるドローン関係団体の中でも比較的多くのスクールを展開しているドローンスクールのひとつに、ドローン教習所があります。

今回の記事では、ドローン教習所の概要やドローン教習所の認定する資格の種類や特徴、ドローン教習所の資格が向いている人などの情報を紹介します。

こちらの記事を読めば、ドローン教習所について理解できる内容になっています。ぜひ最後までお読みください。

ドローン教習所はドローンライセンス取得を目指すドローンスクール

ドローン教習所は、ドローン検定協会株式会社が運営するドローンスクールです。まずは、ドローン教習所とはどのようなスクールなのか、運営団体はどのような団体なのかといった概要について紹介します。

ローン教習所・ドローン検定協会の概要

ドローン検定協会株式会社は、実業家・ドローン評論家である山田壱平氏が代表取締役を務める株式会社です。「天空の未来に貢献」を会社理念として掲げており、ドローンの適切利用を目指して活動しているということです。

ドローン教習所はこのドローン検定協会が運営するドローンスクールです。ドローン検定協会で所定のカリキュラムを終了することで、「ドローン操縦士」という民間資格を取得することができます。

ドローン教習所は全国一律カリキュラム・リーズナブルな費用体系が特徴

ドローン教習所は全国にスクールを展開しており、全国どこでも一律のカリキュラム・同水準の受講費用で受講・資格の取得ができることが特徴です。

また、受講費用もその他のスクールに比べると比較的安価ということができるため、できるだけ安くドローンの資格を取得したいという人を中心に、多くの注目を集めているスクールでもあります。

ドローン教習所・ドローン検定協会の事業

ドローン検定協会株式会社では、大きく分けて二つの事業を行っています。

ドローン検定事業

社名にもなっている通り、ドローン検定協会株式会社では、「ドローン検定」という検定試験を実施しています。

ドローン検定には1〜4級があり、4級が一番易しく、1級が最も高度な知識を問われる設定となっています。4級と3級は誰でも受験可能ですが、2級は3級合格者、1級は2級合格者だけが受験できます。

ドローン検定はドローンやドローンの安全、関連法規などの知識を証明する検定で、ペーパーテストのみで行われます。実際のドローンの操縦技術は問われないところが他のドローンライセンスとは異なるところです。

ちなみに、第一回ドローン検定は2015年に行われており、4級〜1級ののべ合格者数の合計は34,586名にもなるということです。(2021年6月1日現在)

ドローン操縦士育成事業

ドローン検定協会では、ドローン教習所を全国に展開し、ドローン操縦士の育成事業を行っています。

ドローン検定ではドローンの操縦技能は問われませんでしたが、ドローン教習所では座学に加えて実技の講習も行い、知識と技術の両方を証明する資格として、「ドローン操縦士」の取得を目指します。

節約派の方にはドローン教習所がおすすめ!

ドローン教習所は、他の団体が管轄するスクールに比べると比較的安価で資格を取得することができます。また、シミュレータを使用した講習など、カリキュラムにも特徴があります。

ドローン資格の取得費用は資格によっても異なりますが、概ね20〜30万円くらいかかるのが一般的です。

その点ドローン教習所の場合、全国どこのスクールでも同一のリーズナブルな料金で受講することができます。

スクールによって入学金の有無や金額により多少の差は生じますが、安いスクールでは6万円台で受講することができます。入学金がかかるスクールでも、総額10万円以内で受講することができます。

そのため、ドローン教習所は、次のような人には特におすすめのスクールです。

・できるだけ費用を抑えて資格を取得したい人

・自宅の近くのスクールで受講したい人

・ゲームなどが得意で、画面での操作に慣れている人

・既にある程度ドローン操作ができ、スキルの証明のため信頼性のある資格を取得したいと考えている人

ドローン教習所の認定資格は飛行制限解除に利用できる

ドローン教習所に通い所定のコースを終了すると、「ドローン操縦士」としての認定を受けることができます。この資格はドローン検定協会株式会社が独自に認定する民間資格ですが、厚生労働省の認定を受けています。

国土交通省の認定を受けている資格は、ドローンの飛行制限解除申請の際に手続きを簡略化させることができるというメリットがあります。

飛行制限には次の9項目があり、それぞれの資格ごとに解除申請に利用できる項目が異なります。

■ 人又は家屋の密集している地域の上空
■ 人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
■ 進入表面等の上空の空域
■ 地表又は水面から150m以上の高さの空域
■ 夜間飛行
■ 目視外飛行
■ 催し場所上空の飛行
■ 危険物の輸送
■ 物件投下

ドローン教習所で認定しているドローン操縦士の場合、9項目全ての解除申請に利用することができます。

ドローン教習所のカリキュラム

ドローン教習所の認定するドローン操縦士資格を取得するためには、ドローン教習所に通い、所定のコースを修了する必要があります。ドローン教習所であれば、全国どこのスクールで受講しても基本的に同じカリキュラムに沿ったコースを受講することができます。

ドローン教習所のカリキュラムはシミュレータ利用が特徴的

例えば、渋谷道玄坂校では次のようなカリキュラムで実施しているということです。(2021年12月現在)

ドローン座学カリキュラム

ドローン教習所の多くでは、2日間のカリキュラムでコースを受講しています。他の管理団体のスクールの場合、全くの初心者から資格取得を目指すコースは3〜4日程度ということが多く、ドローン教習所は比較的短期間で資格取得ができるスクールということができます。

ちなみに、ドローン教習所の座学1はドローン検定3級に相当するものとされており、座学1を修了するとドローン検定3級の認定も受けることができます。逆にすでに3級以上に合格している場合、スクール受講時に座学1が免除になります。

ドローン教習所では基本的に、シミュレータ訓練でドローンの基本的な操作を学び、実機でそれを実践してみる、という流れになっています。シミュレータとは、画面に映し出されたドローンを手元のコントローラーで操作する実習方法で、風など天候の影響を受けることなく実習が可能です。

ドローン教習所のコース費用は6〜10万円程度

ドローン教習所では、受講費用も基本的に同じ基準に沿って設定されています。

ドローン教習所のコース費用(2022年1月〜の価格)

この他、スクールによっては入学金などが追加で必要となることがあります。

渋谷道玄坂校の場合、全て合計で77,700円です。

入学金が不要なスクールの場合、6万円台で受講できるスクールもあります。

他の国土交通省認定団体でドローン資格を取得する場合、コース料金の相場は25万円前後です。それに比べると、ドローン教習所のコース受講料は安いということができるでしょう。

ドローン教習所の評判は様々

ドローン教習所のコースについては、ネット上を中心に様々な評判の声が聞かれます。

良い評価・悪い評価としては、主に次のような声が目立っているようです。

【良い評価】

・コース料金が安い
・信頼性のある国土交通省認定資格が取得できて良い
・初心者から短期間で資格取得を実現できた

 

【悪い評判】

・シミュレータ講習の時間が長く、あまり長く実機に触れることができなかった

ドローン教習所は初心者でも短期間で、かつ安価に資格取得を目指すことができることが特徴です。一方で、短期間のカリキュラムだからこそ、不足感を拭えずに修了してしまったという人もいるようです。

ドローンの操作は長くドローンに触れれば触れるだけ慣れていくという側面もあります。ドローン教習所に限らないことですが、スクールでの受講だけに頼らず、卒業後にどのようなフライトをするかによっても習熟度に差が生じると言えそうです。

まとめ

2021年現在、日本にはドローンに関する公的な資格やスクールは存在していません。しかし、国土交通省が認定する民間団体が複数あり、それらが認定する資格は比較的信頼性の高いものとして認識されています。

ドローン教習所もそのひとつで、所定のコースを終了することで、他の資格よりも比較的安価かつ短期間で資格を取得することができるという魅力があることがわかりました。

それでは、最後にもう一度この記事の内容をまとめます。

◎ドローン教習所とは

(1)ドローン教習所の概要
(2)ドローン教習所の特徴
(3)ドローン教習所・ドローン検定協会の事業

◎ドローン教習所のライセンスがおすすめな人

◎ドローン教習所の認定する資格の特徴

◎ドローン教習所について

(1)ドローン教習所のカリキュラムの特徴
(2)ドローン教習所の費用相場
(3)ドローン教習所の評判

ドローンの資格にはドローン教習所以外にも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。色々な団体やスクールを比較して、自分に最も合ったものを選べると良いですね。

今回の記事が、ドローン教習所に対する理解を深め、自分に合った資格選びの参考になれば嬉しいです。

また、その他の団体についても同様にまとめた記事を公開しています。

ぜひ合わせてご覧ください。

(1) 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
(2)一般社団法人 ドローン操縦士協会(DPA)
(3)DJI CAMP(UTC:Unmanned Aerial System Training Center)
(4)一般社団法人JDC日本ドローンコンソーシアム