DJI CAMPとは?資格の概要や特徴、おすすめな人、認定団体など

2021年12月現在、国土交通省が認定する、ドローン関連の資格の管理団体は75団体あります。

「管理団体って何が違うの?」
「結局のところどの管理団体が良いの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか。

日本国内においてドローンの機体シェアNo.1を誇るドローンメーカーであるDJIも、「DJI CAMP」という独自の資格制度を持っています。今回の記事では、DJI CAMPの概要や特徴、認定している団体の概要、DJI CAMPが向いている人などの情報を紹介します。

こちらの記事を読めば、DJI CAMPやその管理団体について理解できる内容になっています。ぜひ最後までお読みください。

DJI CAMPはドローンメーカーDJIが実施するライセンス取得コース

DJI CAMPはドローンのトップメーカーであるDJIが実施するドローン教習コースで、修了するとDJI CAMPスペシャリストという資格を得ることができます。DJI CAMPスペシャリストはドローンの基本的な操作技術や安全管理に関する知識を有した操縦者であることを証明する資格のひとつです。

まずはDJI CAMPの概要について紹介します。

DJI CAMPはDJI(UTC)の認定するドローンライセンス制度

DJI CAMPは、日本国内におけるトップシェアを誇るドローンメーカー、DJIが設立したドローン資格認定制度です。DJI CAMPに参加し所定の試験に合格することで、DJI CAMスペシャリストと呼ばれる資格を得ることができます。DJI CAMPスペシャリストは、ドローンの安全運行に関する基本的な知識とスキルを有していることを証明する資格です。

DJI CAMPは、UTCという団体によって管理されています。

UTCはDJIが設立したドローンパイロット養成機関

UTCはUnmanned Aerial System Training Center(無人航空機システム訓練センター)の略です。

ドローンメーカーであるDJIが設立したドローンの産業パイロット養成・訓練機関で、資格認定事業やパイロットの育成・スクール事業などを担っています。日本に先駆けて中国や台湾、香港、マレーシアで事業を展開しており、日本では2018年から事業開始しています。

UTCの事業

UTCの主な事業は、DJI CAMPをはじめとする各種講習の実施や実施団体の管理、DJI CAMPスペシャリスト資格の認定などです。

UTCではDJI CAMPの他に、産業ドローンパイロット教育として、ドローンを用いた測量業務に必要な知識・技術を学ぶコースなどを実施しています。

DJI CAMPスペシャリストはすでに操縦技術のある方に特におすすめ

現在、日本国内で取得できるドローンのライセンスは数多く存在しています。ドローンの安全運行に関する知識と技術の証明として、DJI CAMPは特に次の3点において特徴的です。

・DJIドローンに特化した内容である

・10時間以上の飛行経験が受講要件である(そのため、コースが短期間・安価である)

 ※スクールによってはドローン未経験からDJI  CAMP受講を目指すための基礎コースがあることもあります。

・更新時にもオンラインテストに合格する必要がある

そのため、DJI CAMPは次のような人に特におすすめです。

・DJIドローンをメイン機として活用していきたい人

・すでにある程度の飛行技術を有しており、短い時間で安価に資格を取得したい人

・操縦技術に関して将来的に長くにわたって信頼性のある資格を取得したい人

逆にいうと、DJI以外のメーカーのドローンをメインで使用したい人や、全くの初心者で、基礎からしっかりと学びたい人の場合、ニーズとややギャップがあると感じるかもしれません。

DJI CAMPのカリキュラムと費用

DJI CAMPスペシャリストを取得するためには、認定スクールに通ってDJI CAMPを受講・修了する必要があります。DJI CAMPは様々な団体や企業が全国で開催していますので、自分の都合の良い場所・時間のDJI CAMPを選ぶと良いでしょう。

開催予定のDJI CAMPはこちらから確認することができます。

DJI CAMPは経験者向けのカリキュラムが特徴的

DJI CAMPの特徴として、飛行経験10時間以上の人でないと参加できないという点があります。そのため、DJI CAMPのカリキュラムは座学中心となっており、実技については技能を確認するためのテスト受験のみがカリキュラムで定められています。

ただし、DJI CAMPを実施しているスクールの中には、スクール独自の基礎コースを実施しているスクールもあります。基礎コースではドローンの基本操作や安全性に関する知識などを学ぶことができます。

基礎コース受講後、10時間以上の飛行経験を積んでDJI CAMPを受講するという流れにのることで、未経験の方でもDJI CAMPスペシャリストを目指すことができます。

座学で学ぶ内容は次の通りです。

第1章 操縦者の行動規範

第2章 安全基準

第3章 禁止事項

第4章 マルチコプターの概論

第5章 電波について

第6章 気象について

第7章 飛行について

第8章 DJI製品について

第9章 法律について

(引用:UTC公式サイト「DJI CAMPスペシャリスト認定講座」

また、技術試験の内容は次の通りです。

1. 機体コンディションチェック : 各種機体状況確認をしているか。

2. 離陸(A) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している。

3. ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)

4. 右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)

5. 対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、 精度±1 m(良)

6. 前進してポールまで飛ぶ(A) : 画面中心なら(優)、画面内にポールなら(良)。

7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A) : まっすぐ戻ってこられる(優)。逆舵切ったら(良)。

8. 8の字旋回×2(A) : 正確に進行方向で8の字を描く。(縦横不問)

9. ノーズインサークル×2(A) : 正確に中心を向き円を描く。(左右不問)

10. 着陸(A) : 周囲の安全を確保、確認してから着陸している。

(引用:UTC公式サイト「DJI CAMPスペシャリスト認定講座」

DJI CAMPでは飛行計画レポート作成と技術テストを受験し、両方合格した人だけが最終オンラインテストを受験することができます。

DJI CAMPの費用は6〜10万円程度

DJI CAMPの受講費用は実施している団体・企業によってやや異なりますが、概ね6万円〜10万円前後で受講可能です。他のドローン資格の多くはコース受講料が20万円前後であることが多く、DJI CAMPは大幅に安価で資格取得が可能です。

これは、すでに飛行技術のある人の受講を前提にしているため技術実習の時間が削減されていることも大きな要因でしょう。

DJI CAMPスペシャリストの申請に関わる手続き

UTCの認定資格を取得するためには、所定のコースを受講し、試験に合格する必要があります。各プログラムではコースの最後に筆記・実技試験があります。この試験に合格すると、最終オンラインテストを受験可能となります。

最終オンラインテストに合格すると、UTC発行の認定書を受け取ることができます。認定書発行にはコース料金とは別に16,500円が必要です。

認定の有効期限は2年間です。更新の際には更新テストをオンラインで受験し、合格する必要があります。

その他のUTCの認定する資格

UTCでは、DJI CAMPスペシャリスト(DJI CAMPの修了認定)の他、産業ドローンパイロット教育にカテゴライズされる各講習の修了認定を行っています。また、関連団体であるUTC農業ドローン協議会では、DJI農業ドローンオペレーターという資格を認定しています。

産業ドローンパイロット教育

UTCの実施する産業ドローンパイロット教育は、ドローンの基本的な操作に加え、測量や点検など、業務内容に特化した技術や知識を学ぶための教育コースです。現在は測量技術に関するコースが行われています。

DJI CAMPの場合は受講するために10時間以上の飛行経験が要件とされていましたが、産業ドローンパイロット教育では、初心者向けのコースも行われています。

これまでドローンに触れたことがない人でも、コースを受講することでドローン測量に必要な基礎的な知識と操縦技術を身につけ、技能認証を受けることができる内容となっています。

DJI農業ドローンオペレーター

UTC農業ドローン協議会では、農業用ドローンの運用に必要な知識や技術を持っていることを証明する資格として、DJI農業ドローンオペレーターという資格を認定しています。この資格を取得するためには、UTCの認定スクールに通い、所定のカリキュラムを修了する必要があります。

農業ドローンのコースについてはこちらのインタビュー記事でも詳しく紹介しています

DJI農業ドローンオペレーターも産業ドローンパイロット教育と同様、初心者でも受講可能です。

UTCの資格は国土交通省認定資格

日本には多くのドローンに関する資格が存在していますが、その中でも、国土交通省が認定する資格があります。国土交通省認定資格を取得していることで、ドローンの飛行制限解除申請の際に手続きを簡略化させることができるというメリットがあります。

飛行制限には次の9項目があり、それぞれの資格ごとに解除申請に利用できる項目が異なります。

■ 人又は家屋の密集している地域の上空
■ 人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
■ 進入表面等の上空の空域
■ 地表又は水面から150m以上の高さの空域
■ 夜間飛行
■ 目視外飛行
■ 催し場所上空の飛行
■ 危険物の輸送
■ 物件投下

UTCの認定する資格のほとんどはこの国土交通省認定資格です。例えはDJI CAMPスペシャリストを有していれば、9項目全てで手続きの簡略化が可能となります。

まとめ

今回は、UTCの管理するDJI CAMP並びにその他資格について紹介しました。UTCは日本におけるドローントップシェアメーカーであるDJIが設立した団体であり、資格にもDJIの名前を冠しています。そのため、比較的新しい資格であるにもかかわらず高い信頼性を持つ資格であると言えます。

それでは、最後にこの記事の内容をもう一度まとめます。

◎DJI CAMPとは

(1)DJI CAMPはDJI(UTC)の認定するドローンライセンス
(2)UTCとは
(3)UTCの事業

◎DJI CAMPスペシャリスト(ライセンス)がおすすめな人

◎DJI CAMPカリキュラムと費用相場

(1)DJI CAMPのカリキュラムの特徴
(2)DJI CAMPの費用相場

○DJI CAMPスペシャリスト認定資格の申請に関わる手続き

◎UTCの認定するその他の資格の種類と特徴

現在、ドローン産業の成長に伴ってドローン関連の団体の数もどんどん増えています。資格の取得などを考えた場合、どの団体を選んで良いかわからなくなりますよね。

今回の記事が、UTCやDJI CAMPに対する理解を深め、自分に合った資格選びの参考になれば嬉しいです。

また、その他の団体についても同様にまとめた記事を公開しています。

(1)一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
(2)一般社団法人 ドローン操縦士協会(DPA)
(3)一般社団法人JDC日本ドローンコンソーシアム
(4)ドローン検定協会 株式会社