ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校

ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校
ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校
JUIDA認定コースの他、豊富なラインナップのコースがあるドローンスクール

JUIDA認定インストラクター資格を持つインストラクターから、豊富なラインナップのコースから選んで自分の用途に合わせたコースを学ぶことができます。

基本情報

アクセス
情報

講師情報

コース
一覧

管理団体
JUIDA
特化コース
ロボットオペレーター, 水中ドローン, 測量(i-Construction), 災害調査, 農薬散布
スクール以外の自社ドローン事業
・高性能ドローン販売・メンテナンス、飛行サービス、空撮・測量・点検請負
卒業生(卒業期)数
記載なし
スクールの運営開始年
記載なし
運営会社名
日本交通教育サービス株式会社
特徴・01
豊富なコースラインナップ

初心者の方から、専門技術でステップアップしたい方まで。それぞれに合わせたコースを用意しています。水中ドローン、農薬散布等のクラスから珍しい災害調査やロボットオペレーター養成クラスまで開設しています。

特徴・02
インストラクターはすべてプロのドローンパイロット

インストラクターは皆「JUIDA認定無人航空機操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証取得」「JUIDA認定スクール講師証」を取得しています。

特徴・03
JUIDA認定スクール

JUIDA認定スクールで、受講後は「JUIDA認定無人航空機操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証取得」の取得が可能です。
 

  • 受講場所
    岡山県倉敷市真備町有井1612-1
鈴江 隆太
JUIDA認定ライセンス。「ドローンやラジコン等を操縦したことがない」「操縦方法を覚えられるか不安」という方でもご安心ください。自信を持って安全に飛ばせるまでしっかりサポートします!広大な空の世界を楽しんでみませんか?
原田 巧太
JUIDA認定ライセンス。ドローン導入を検討されている法人様は多くいらっしゃいますが、期待される効果を発揮するためには様々なノウハウが必要です。豊富な現場経験で得た「本当に必要な知識」を惜しみなくつめ込んだ講習を提供します。
青山 愛理
JUIDA認定ライセンス。ドローンに少しでも興味がある方、ぜひ一緒に勉強したいです。私達と楽しく知識や技術を習得していきましょう!
森 将史
JUIDA認定ライセンス。技術進歩によりドローンの安全性は格段に高まってきました。ただし万が一トラブルが起きた際の対処方法が事故を未然に防ぎます。基礎~実務レベルまでの高い知識と技術の習得。導入支援から機体修理まで承ります。

JUIDA認定 操縦技能・安全運航管理コース

受講日数 3日間
料金 220,000円(税込・昼食代を含む)
取得できる資格 JUIDA操縦技能証明証、JUIDA安全運転管理者証明証

1日目
1時間 UAS概論 歴史/ 機種/ 飛行原理/ 適用事例/ 課題
1時間 法律・ルール 国際条約/ 航空法/ 電波法/ 道路交通法/ 民法/個人情報保護法/ その他関連法/ 航空法における許可・承認の申請/ 安全ガイドライン
1時間 夜間・目視外 夜間/ 目視外
1時間 整備・点検 日常点検方法、整備、飛行前確認
3.5時間 手動操縦 安定した離陸、着陸、空中操作ができること/
     垂直離着陸★ / 低高度/ ホバリング★ / 水平移動(前後左右)
★ GPS 援用とGPS なしの両方で実施。
2日目
1時間 自然科学 気象/ 電磁波
1時間 技  術 構造/ 飛行制御技術/ GPS/ 通信
1時間 運  用 安全確保/ 禁止事項/ 運用者の義務/ 操縦時の注意点/操縦方法/ 運用時の確認事項/ リチウムポリマーバッテリーの取り扱い/リスク・安全対策方法/ 事故発生時の対応方法/ フェールセーフ設定
4.5時間 手動操縦 垂直離着陸/ 高度から実施/ 可視範囲での遠方飛行/緊急時の操作/目視外飛行・夜間飛行訓練 
3日目
3時間 安全運航管理 意義 /リスクハザード/ 安全管理の手法
3時間 自動航行(手動操縦と合わせて) 自動航行の設定方法/ 自動航行による飛行/トラブル発生時の操作介入
1.5時間 筆記・実技検定

備考

水中ドローン安全潜航士認定講習

当校は岡山県初の日本水中ドローン協会認定スクールです。敷地内に設置された専用プールで実地講習を行います。また少人数開催のため、1日でも十分な練習量を確保することができます。
・安全潜航に必要不可欠な知識と技術を学ぶことができます。
・的確な指導による質の高い潜航技術を学ぶことができます。

受講日数 1日間
料金 110,000円
取得できる資格 日本水中ドローン協会認定ライセンスカード

備考

ドローン災害調査操縦士養成コース

豪雨や地震など、近年多発する大規模災害の現場でドローンの活用が始まっています。土砂崩れや冠水で立ち入れない地域であっても上空からアクセスする
ことで、迅速な被害状況の確認や調査が可能になりました。本コースでは災害の基礎知識から非常時の法令関係、目視外での離着陸や物件投下など、災害や人命救助の現場で求められるドローンの運用について、基礎的知識を包括して学ぶことができます。警察・消防・行政関係者だけでなく、地域防災に役立てたいとお考えの一般ドローン操縦士の方も受講いただけます。

受講日数 1日間
料金 55,000円(税込):当スクールのJUIDA認定講習の卒業生向け特価 、110,000円(税込):他スクールでドローン認定講習を受講された方
取得できる資格

1時間 座学講義 災害の基礎知識・災害調査操縦士の役割
2時間 座学講義 災害現場空撮・準備編/実技編
1時間 実技訓練 目視外での離着陸、周辺調査撮影
1時間 実技訓練 遠隔地でのオルソ撮影
1時間 実技訓練 目視外飛行・物件投下(屋内練習場にて実施)

備考

【i-Construction対応】測量一般コース

建設現場におけるi-Construction 対応のUAV測量の活用技能コース。自動飛行経路の設定方法、効率的な標定点の設置、RTKシステムを活用した最新UAV測量や、最新の3次元データ生成ソフト「Drone Deploy」での点群データの作成、建設用ソフトを使用しての土量計算など、実務で役立つ使用方法を修得していただけます。

受講日数 1日間
料金 55,000円(税込):当スクールのJUIDA認定講習の卒業生向け特価 、110,000円(税込): 他スクールでドローン認定講習を受講された方
取得できる資格

1時間 i-Construction概要 ICTの全面活用
1時間 UAV飛行経路設定 測量専用ドローンを使用して飛行経路を、自動航行ソフト(ミッションプランナー「GS_PRO」等)を使用して作成
2時間 写真解析 ソフト紹介、画像合成、ポイントクラウド生成、オルソ画像作成など
1時間 標定点の配点/ 配置 2級GPS測量機/ 標定点の正確な位置情報を調査
1時間 UAV自動飛行 自動航行設定したUAVを飛行させ、航空写真を撮影させる

備考

UTC・農林水産航空協会認定 農薬散布講習

高効率・安全な手法として、無人航空機での農薬散布が普及しています。
農業用ドローンを運用するために必要となる(一社)農林水産航空協会認定及び
UTC 認定の農業用ドローンオペレーターライセンスを取得することができます。日本でも農薬散布において随一の実績を誇る福田農機/ファームスカイテクノロジーズで、実践的な知識・スキルを身につけることができます。

受講日数 1日~5日間
料金 カリキュラムの詳細を確認
取得できる資格

UTC(DJI)
基本講習A
【遠隔・自動操縦】   5日 操縦経験のない方
JUIDA認定講習など国交省認定講習を受講されていない方   275,000円  
基本講習B
【遠隔・自動操縦】 4日 JUIDA認定講習など国交省認定講習を受講されている方 
または無人ヘリライセンス所持の方 220,000円
メーカー拡張講習
【遠隔・自動操縦】 3日 農水協 他社メーカーライセンス所持者の方 165,000円
自動操縦講習 1日 MG-1 遠隔操縦ライセンス所持者の方 55,000円
T-20 拡張講習
【遠隔操縦】 1日 MG-1 自動操縦ライセンス所持者の方
 ※MG-1 自動操縦ライセンスの無い方は
 同時に自動操縦教習の受講が必須ですので
 同時にお申込み下さい。 55,000円
農水協 基本教習C
【遠隔操縦】 3日 操縦経験のない方 165,000円
メーカー拡張
【遠隔操縦】 1日 他社メーカー農水協ライス所持者の方
UTC農業ドローンライセンス所持者の方 165,000円
UTC 農水協 更新講習  1日 ライセンス有効期限前6ヶ月から6ヶ月後の1年間 16,500円

備考

ロボットオペレーション管理士兼安全運航管理者講習

株式会社 ZMP が提供する歩行速モビリティ「 RakuRo (ラクロ)」、無人宅配ロボ「 DeliRo 」のオペレーター養成講習です。ドローンビジネスラボラトリー倉敷真備校内に設置された専用の教習コースを用いて、近接~遠隔監視の操作方法を学ぶことができます。

受講日数 3日間
料金 220,000円(税込・昼食代を含む)
取得できる資格

1日目
09:00~09:20 20分 オリエンテーション
09:20~12:00 2時間40分 座学
12:00~13:00 1時間 昼休憩
13:00~13:30 30分 実技(近接操作)説明
13:30~17:00 3時間30分 実技(近接操作)
2日目
09:20~12:00 3時間 座学
12:00~13:00 1時間 昼休憩
13:00~13:30 30分 実技(遠隔操作)説明
13:30~17:00 3時間30分 実技(遠隔操作)
3日目
09:00~11:00 2時間 座学(運行管理者編)
11:00~12:00 1時間 筆記試験
12:00~13:00 1時間 昼休憩
13:00~15:00 2時間 実技(近接・遠隔)
15:00~16:00 1時間 実技試験

備考